WordWolfのアプリを作ってみた話

f:id:yamakentoc:20171220160918p:plain

この記事はFUN Advent Calendar 2017の記事です

adventar.org

書き手

  • 名前 : yamaken
  • 大学 : 未来大。学部2年。情シス。
  • やってること : 主にSwift。最近はUnityも。

はじめに

こんにちは。yamakenです。Advent Calendarの存在を忘れていて、技術系のネタをやりたかったのですが、とりあえず今回は、現在開発中のWordWolfアプリについて宣伝も兼ねて簡単に紹介します。その前にWordWolfについてご紹介。

 

WordWolfとは?

意外とWordWolfというゲームを知らない人が多いので説明を...

WordWolf(ワードウルフ)というのは仲間はずれの人を見つけるゲーム。もっと簡単に言うと「少数派の人を見つけるゲーム」です。

 

WordWolfのルール

f:id:yamakentoc:20171220162540p:plain

お題箱から、参加者一人ずつがそれぞれ他の人にお題を見られないように、お題をとって確認します。そして、全員がお題を確認したら、時間を決めて、そのお題について話し合います。話しているうちに少数派と多数派の間でズレが生じてくるので、時間がきれたら、全員で「せーのっ!」で指を差して、少数派の人を当てることができたら多数派の勝ちです。逆に、少数派の人が当てられなかったら、少数派の勝ちです。

実際にやってみよう!

今回は明石君( @akashi_akatsuki)と、ちくうぇいと(@chikuwa_IT)と実際にやってみたので、こんな感じってのを紹介します。

まずはお題の確認から!

 

(お題は...ラーメンか)

 

 

(おっ、パソコンね)

 

 

(えっと。お題はラーメンか)

 

 

 会話を始める

 

これってどう思う?(ラーメン)

 

 

まあ俺らにはこれは必要だよね(パソコン)

 

 

確かに必要だね(山岡屋とかよく行くし)

 

 

よく食べるよね?(ラーメン)

 

 

は???(パソコン食うとか何言ってんだこいつ)

 

 

え?(俺とお題が違うっぽい...)

 

 

俺はよく食べるし昨日食ったよ(ラーメン)

 

 

あっ...(俺が少数派か...w)

 

こんな感じに会話が進み、誰が少数派なのか絞っていくことができます。実際はもっと慎重に言葉を選んで発言しますので、こんなにすぐには終わりません。自分が少数派だとわかったら、他の人に会話を合わせるのも一つの手ですね。
 
長くなりましたが、こんな感じです。なんとなく理解できたと思います。

本題へ

f:id:yamakentoc:20171220175909p:plain

 前置きが長くなりましたが、WordWolfというゲームを現在開発中というわけです。(上の画像がタイトル画面)

WordWolfのゲームアプリというよりもWordWolfを支援するアプリと言った方がいいかもしれません。

 機能としては

  • プレイヤーの人数設定(多数派と少数派の人数)
  • お題のカテゴリー設定(食べ物、動物、恋愛など)
  • 会話時間の設定
  • お題の選択機能
  • ゲーム終了後の全プレイヤーのお題確認機能

このように基本的な機能です。

 なぜ作ったのか

作り始めた理由は結構適当です。僕が所属しているサークルでの宅飲みで、WordWolfを皆でやった時、既にAppStoreに出ているWordWolfアプリを使っていたのですが、色々と不便だと先輩が言い、その場のノリで僕が作りましょうってなったから(?)です。

もちろんそれ以外にも理由があって、AppStoreに出ているWordWolfのアプリは3つ程あるのですが、そのうちの2つはUnityで作られていて、もう一つはswiftで作られているっぽいのですが、全体的に見るとUIやUX面で面白くないなって感じがしたからです。例えば、お題がランダムに選ばれて表示されるのですが、ボタンを単純にポチポチ押すだけで表示されたりとか、アニメーションが全く使われてなく、ユーザー側にアプリ側の動きがうまく伝わってこないだとか......などなど、このような理由です。

 

工夫している点

ただユーザーにWordWolfをしてもらうためにアプリを作っているのではなく、このアプリを使って、ちょっとでもワクワク感とかドキドキ感とか...そうゆうものを感じてもらいたいなーって思いました。(WordWolfはお題箱からお題を選ぶのも一つの楽しみ)

なので、例えばお題をただアプリがランダムに選んで表示するのではなく。ユーザーがお題を選ぶのもアプリで再現したいと考え、AppleMusicでお気に入りのアーティストを選ぶような感じで、お題を選びようにしました!(画像は開発中のもの)(並べるとアプリ側のテーマ色的に暗く見えてしまう...w)

f:id:yamakentoc:20171220184628p:plainf:id:yamakentoc:20171226164417p:plain

 

 

あとは、デザインを全体的に薄いベージュと黒だけで統一にしています。最初は明石君が書いてくれた狼の絵(左。ありがとう!)を背景におこうと思ったのですが、他のアプリと被るし、シンプルな方がいいかと思い、現在の画像(右)に至ります。

f:id:yamakentoc:20171220190407p:plainf:id:yamakentoc:20171220175909p:plain

まとめ

10月頃から開発しているのですが、サークルやらなんやらで結構時間がかかっています。春休み中にはAppStoreに出したいと思います。飲み会や合コンで使ってくれるとありがたいです。頑張ります!!!

 

T型のすヽめ

 

f:id:yamakentoc:20161217193934p:plain

この記事はFUN Advent Calendar 2016用の記事です

www.adventar.org

書き手

はじめに

私は白石陽教授とお話しをさせていただくことがちょいちょいあります。先日、未来大1年生に対して思ったことを話したら、T型について少し語ってくださり、「未来大1年はT型を目指すべき」だとおっしゃっていたので、私が未来大1年に対して思ったことと、T型のことについて書きます。

※あくまで個人的に思ったことなのであまり真面目に見る必要はないです。

 

で、T型って何のこと?

さっきから出てきているT型って何のことなんだ?と思った人がいると思います。

f:id:yamakentoc:20161217180801j:plain

T型とは、「T型人材」のことを指しています。もっと簡単に言うと、企業が求めている人材のタイプのことです。「T」の横棒がスキルの幅、縦棒がスキルの深さです。

わかりやすく言うと、横棒が様々な分野に手をつけているか、縦棒が特定の分野を極めているかです。

このT型人材というのが企業では求められています。

 

未来大1年に思ったこと

 私が未来大1年に対して思ったことは、簡単にいうと...

なぜ学内でやる言語以外をやらないのか

です。もちろん言語じゃなくてもいいです。デザインでも数学でも作曲でも...

f:id:yamakentoc:20161217185713j:plain

これはずっと前から思ってたことです。個人的に何かを勉強しなければ、卒業するときには全く皆と同じスキルしか持ってなく、偏差値50的なそこら中にいるような人材になってしまいます。どこかの企業に就職するとき企業側は全く何も特化してないそこら中にいる人材を欲しがると思いますか?1番求められない人材だと思います。

逆に、何か一つでも極めた分野があって、「これは俺に任せろ」というぐらいのスキルを持った人材を企業側は求めます。その極めた分野は多ければ多いほど企業側は求めるでしょう。

 T型と関連させると要するに

学内で学ぶいろんなことを身につけることで、基礎となる横棒を作り、何か一つの分野を極めて縦棒を作り、T型人材になるのがいいということです。あわよくば縦棒がもっと増えればいいですね。

 

型の種類

f:id:yamakentoc:20161217190847j:plain

 ◯型人材というのは昔から段々と増えてきているようですが、主な型は次のようなものです。

一型人材

様々な分野の浅い知識しか持っていない人材のことです。

一番必要とされない人材です。これこそ学内でやることしか勉強しない人材のことです。

 

I型人材

一つの分野に特化して専門的な知識をもつ人材のことです。一つの分野に特化しているのはいいのですが、他の分野に関しては知識がないのであまりよくはないです。

 

T型人材

一つの分野に特化し、さらに様々な分野の知識を浅くですが持っている人材のことです。I型からの進化系です。専門分野以外にも知識があるので、専門分野と他の分野をうまく使うことで様々な可能性があると考えられます。

 

π型人材

二つの分野に特化し、さらに様々な分野の知識を浅くですが持っている人材のことです。T型からの進化系です。専門分野が二つあることで、T型よりもさらに大きな可能性があるというのが強みです。また、少ないπ型人材は少ないのでT型人材よりも企業に求められます。

 

△(トライアングル)型人材

三つの分野に特化し、さらに様々な分野の知識を浅くですが持っている人材のことです。三つも専門分野があるのでどんなことでもこなせそうです。△型は中々いないのではないでしょうか。

 

T型目指したいけど何もやりたいことがない...

f:id:yamakentoc:20161217194130j:plain

そういう人もいると思います。そういう人はとりあえず色んな分野に手をつけてみるのがいいと思います。実際に、私が何か他の勉強したいと思った時は色んな分野に触って見ました。そしてようやくやりたいことが見つかりました。とりあえず何かに手をつけてみてください。そうすれば何か自分にあった分野が見つかると思います。

 

まとめ

今回私が思ったことはもしかしたら未来大1年だけでなく色んな人に言えるかもしれません。ですが周りにそうゆう人が多いので今回は未来大1年に対して思ったこととして書きました。別に何かやれと言ってるわけではないです。やってた方がいいですよということです。ただバイトで時間ないだとか仕方ない人もいると思います。私自身まだ極めた分野はありませんが、少しずつやっています。T型もしくはπ型人材になって未来大を卒業できたらと思います。

それでは。

 

追記(2016/12/21)

 紹介した人材の型以外にも調べればたくさん出てきますが、新しい型が増える一方なので基本?の型を紹介しました。去年(2015)にははこだて未来大学の学長がアトム型について話していたようです。アトム型人材については以下のサイトがわかりやすく説明しているようです

www.uedamasatoshi.com